Service95 Logo
Issue #002 法律が整備されていないため、家庭内暴力にさらされるロシアの女性と少女たち
Issue #002 法律が整備されていないため、家庭内暴力にさらされるロシアの女性と少女たち
Issue #002 法律が整備されていないため、家庭内暴力にさらされるロシアの女性と少女たち
Issue #002 法律が整備されていないため、家庭内暴力にさらされるロシアの女性と少女たち
Issue #002 法律が整備されていないため、家庭内暴力にさらされるロシアの女性と少女たち
Issue #002 法律が整備されていないため、家庭内暴力にさらされるロシアの女性と少女たち
Issue #002 法律が整備されていないため、家庭内暴力にさらされるロシアの女性と少女たち
Issue #002 法律が整備されていないため、家庭内暴力にさらされるロシアの女性と少女たち
Issue #002 法律が整備されていないため、家庭内暴力にさらされるロシアの女性と少女たち
Issue #002 法律が整備されていないため、家庭内暴力にさらされるロシアの女性と少女たち
Issue #002 法律が整備されていないため、家庭内暴力にさらされるロシアの女性と少女たち
Issue #002 法律が整備されていないため、家庭内暴力にさらされるロシアの女性と少女たち
Issue #002 法律が整備されていないため、家庭内暴力にさらされるロシアの女性と少女たち
Issue #002 法律が整備されていないため、家庭内暴力にさらされるロシアの女性と少女たち
Issue #002 法律が整備されていないため、家庭内暴力にさらされるロシアの女性と少女たち
Issue #002 法律が整備されていないため、家庭内暴力にさらされるロシアの女性と少女たち
Issue #002 法律が整備されていないため、家庭内暴力にさらされるロシアの女性と少女たち
Issue #002 法律が整備されていないため、家庭内暴力にさらされるロシアの女性と少女たち
Issue #002 法律が整備されていないため、家庭内暴力にさらされるロシアの女性と少女たち
Issue #002 法律が整備されていないため、家庭内暴力にさらされるロシアの女性と少女たち
Issue #002 法律が整備されていないため、家庭内暴力にさらされるロシアの女性と少女たち
Issue #002 法律が整備されていないため、家庭内暴力にさらされるロシアの女性と少女たち
Issue #002 法律が整備されていないため、家庭内暴力にさらされるロシアの女性と少女たち
Issue #002 法律が整備されていないため、家庭内暴力にさらされるロシアの女性と少女たち
Issue #002 法律が整備されていないため、家庭内暴力にさらされるロシアの女性と少女たち
Issue #002 法律が整備されていないため、家庭内暴力にさらされるロシアの女性と少女たち
Issue #002 法律が整備されていないため、家庭内暴力にさらされるロシアの女性と少女たち
Issue #002 法律が整備されていないため、家庭内暴力にさらされるロシアの女性と少女たち
Issue #002 法律が整備されていないため、家庭内暴力にさらされるロシアの女性と少女たち
Issue #002 法律が整備されていないため、家庭内暴力にさらされるロシアの女性と少女たち
Issue #002 法律が整備されていないため、家庭内暴力にさらされるロシアの女性と少女たち
Issue #002 法律が整備されていないため、家庭内暴力にさらされるロシアの女性と少女たち
Issue #002 法律が整備されていないため、家庭内暴力にさらされるロシアの女性と少女たち
Issue #002 法律が整備されていないため、家庭内暴力にさらされるロシアの女性と少女たち
Issue #002 法律が整備されていないため、家庭内暴力にさらされるロシアの女性と少女たち
Issue #002 法律が整備されていないため、家庭内暴力にさらされるロシアの女性と少女たち
Issue #002 法律が整備されていないため、家庭内暴力にさらされるロシアの女性と少女たち
Issue #002 法律が整備されていないため、家庭内暴力にさらされるロシアの女性と少女たち
Issue #002 法律が整備されていないため、家庭内暴力にさらされるロシアの女性と少女たち
Issue #002 法律が整備されていないため、家庭内暴力にさらされるロシアの女性と少女たち
Issue #002 法律が整備されていないため、家庭内暴力にさらされるロシアの女性と少女たち
Issue #002 法律が整備されていないため、家庭内暴力にさらされるロシアの女性と少女たち
Issue #002 法律が整備されていないため、家庭内暴力にさらされるロシアの女性と少女たち
Issue #002 法律が整備されていないため、家庭内暴力にさらされるロシアの女性と少女たち
Issue #002 法律が整備されていないため、家庭内暴力にさらされるロシアの女性と少女たち
Issue #002 法律が整備されていないため、家庭内暴力にさらされるロシアの女性と少女たち
Issue #002 法律が整備されていないため、家庭内暴力にさらされるロシアの女性と少女たち
Issue #002 法律が整備されていないため、家庭内暴力にさらされるロシアの女性と少女たち
Issue #002 法律が整備されていないため、家庭内暴力にさらされるロシアの女性と少女たち
Issue #002 法律が整備されていないため、家庭内暴力にさらされるロシアの女性と少女たち
A woman holds a placard with a message reading Getty Images

法律が整備されていないため、家庭内暴力にさらされるロシアの女性と少女たち

市民活動家や人権保護を訴える人たちは、ロシアにおける家庭内暴力を防ぐ法律を制定するために、長年にわたってキャンペーンを行ってきました。しかし実態は、依然としてヨーロッパ諸国で最悪の部類に入ります。過去10年間、ロシアで殺害された女性の65%は、パートナーや親戚によって命を絶たれたと見られています。また、殺人罪で有罪判決を受け、ロシアの刑務所で服役している女性の80%以上は、家庭内暴力から身を守るために、やむなく犯行に及んだとされています。 1990年代以降、ロシアではいくつかの法案が起草されてきました。しかし2019年に起草された最後の法案は、ロシア連邦議会の下院である国家院において、一度も審議されませんでした。2017年以前、ロシアの刑法には家庭内暴行に関する条文が含まれていました。しかし、その後に法律は改悪。初犯の家庭内暴力は「刑事罰」ではなく、罪の軽い「行政犯罪」に分類されるようになりました。 独立系の調査機関が行った最新の世論調査によれば、ロシア人の75%は家庭内暴力を防ぐ法案に賛成しています。しかし、政府の高官や正教会の代表者などを含む反対派は、このような法案は「家族制度や伝統的な家族、道徳、精神的な価値観と相容れない」もので、家族生活への不当な干渉を許すことになると主張しています。 ロシアでは、被害にあっている女性を物心両面でサポートする団体も少ないのが現状です。モスクワには14、サンクトペテルブルクには25の団体がありますが、そのほとんどが民間団体や宗教団体で、安定した活動資金を確保できずにいます。それどころか、このような団体が全く存在しない地域さえあります。 202112月中旬、欧州人権裁判所(ECHR)は、ロシアで起きた家庭内暴力事件として注目を集めている、数多くの事件を審査。ロシアの国内法の制度的な問題点を浮き彫りにする「パイロット判決」を下し、ロシア政府に対して早急に状況を改善するように命じました。その際に審査された事件の一つが、夫に両手を切り落とされたマルガリータ・グラチェヴァのショッキングな出来事でした。 犯行の直前に相談を受けた警察官は、彼女の訴えを無視していたのです。 マルガリータ・グラチェヴァの弁護士であるヴァレンティーナ・フロロヴァは、ECHRがこの判決を下したからといって、必ずしも変化が起こるとは限らないと語っています。彼女の説明によれば、ロシアは欧州評議会の中で唯一、家庭内暴力を禁止する法律が施行されていません。また、家庭内暴力を撲滅するために定められたイスタンブール条約を批准していない、数少ない国の一つにもなっています。 「国際機関が決定を下しても、それだけで状況を改善することはできません」フロロヴァはこう説明を続けます。「ロシア政府は必要な措置を取らなければなりません。ECHRは被害者を保護するために取るべき行動を具体的に指示していますが、この(複雑な)問題は、すぐには解決されないでしょう。例えばモルドバやイタリアでは、関連法案が可決されたにもかかわらず、ECHRへの訴えが後を絶ちません。これらの国々では、家庭内暴力の被害者を保護する方法にも問題があります。法律の制度を変えていく作業には、時間と労力がかかります。政府機関、警察、裁判所、そして公共サービスに携わる人々を教育していく必要があるのです」 ロシアの市民活動家たちは数年前から、この問題に注意を喚起するためのキャンペーンを行ってきました。2019年には、 #янехотелаумирать (「私は死にたくなかった」)というハッシュタグを付けたフラッシュモブ(公共の場でのパフォーマンス)映像が、ソーシャルメディア上で拡散されました。人々はこのハッシュタグを使って、家庭内暴力で死亡したり、被害に遭ったりした女性たちの悲劇を伝えたのです。 父親を殺害したハチャトゥリャン姉妹には、きわめて多くの人から同情の声が寄せられました。長年にわたり、父親から虐待を受けていたと主張したからです。彼女たちの弁護団は、父親を殺害したのは正当防衛のために必要な行動であり、家庭内暴力の被害者を保護する制度が存在していれば、この悲劇は防げただろうと述べています。 直近では202110月、連邦院(ロシア連邦議会の上院)で議長を務めるヴァレンティナ・マトヴィエンコが、家庭内暴力に関する法案を、同年秋に開催される国家院の議会で提出すると宣言しました。しかし、彼女の公約は実現しませんでした。ロシアの女性と少女たちを家庭内暴力から守るために。有効な法律制度を導入する戦いは続いています。 Maria Koltsovaは、モスクワ在住のロシア人ジャーナリスト。人権問題が専門分野です。
← Back

Thank you for subscribing. Please check your email for confirmation!
Invitation sent successfully!

Please check your email for a reset password link!

Subscribe